上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ariheitou



有平糖ってご存知ですか?
うちの実家のある地では、ありへいとう、と呼ぶのだけど
京都のほうでは、あるへいとう、とも呼ぶらしい。

砂糖からできたお茶菓子のことで、
飴とは少し異なります。
口どけがよく、少しサクッとした食感。
濃茶(お抹茶)のときではなく、
薄茶のときに好まれて出されるお菓子です。
飴とちがって表面がさらりとしているので、
お懐紙にペタリとつかないってところもポイント。

有平糖は元をたどるとポルトガルからきた南蛮菓子。
ありへい(あるへい)って、
ポルトガル語のalfeloa(砂糖菓子)が語源なのだそう。
ってことで、有平糖は長崎で親しまれているわけなんです。

わたしは小さなころからこの有平糖が大好きで、
和菓子屋さんでよく買ってもらっていました。
形もすごくかわいらしいし、素朴な味がなんともいえない。

でもね、これが1個80~120円ほどするんです。
茶菓子って高いのよね。
(ここが普通の飴と違う大きな点か??)
一口で食べれちゃう、ちいさ~~~なお菓子なのに。。。
東京では和菓子屋さんへ行ってもめったにお目にかかれなくて、
(茶菓子を扱っているお店に行けばいいのかなぁ)
今回は20個ほど買ってきました。

楽しみながら、すこ~しずつ食べるchichiであります。
バットが食べたそうにしていても、1個くらいしかあげません。
本当は、1個でもあげたくないくらいです。

だって・・・。
その繊細な味を、大雑把なバットがわかるわけないんだものー。
(バットはハイチューで大満足)
ま、ハイチューも捨てたもんじゃないけどね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chichiuribou.blog62.fc2.com/tb.php/42-34e89fbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。