上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもチャリ組みのわたしたちですが、
日曜日はひっさ~~~しぶりにドライブに行きました。



ラブラブで











言いたい所ですが、バットの両親も一緒です。
(だからクルマがあるのです)


バットの両親はわんこを2匹連れてきておりました。

ハフハフハフハフハフ。
わたしの真横でずっと生ぬるい息を吐いておりました。

やつら、けっこうかわいいのです。
小さいやつ(トイプードル)はうちのうりぼうより軽いのです。
大きめのやつ(プードル)は、うちのうりぼうと同じくらいらしいです。
2匹ともぴょんぴょんよく跳ねます。


ドライブ中、
クルマのなかでバットのおかんが楽しそうにおしゃべりしていました。

するとバットがいきなりこういいました。


「日本に20年も住んでんだから、日本語しゃべれよ!」


しばらくして、バットが楽しそうにおしゃべりしていました。

するとおかんがいきなりこういいました。


「お前日本に16年住んでんだから、日本語しゃべれよ!」




どっちもどっちな親子です。
(*chichiはスペイン語がまったく話せません)





クルマはぐんぐん進みます。(目的地は丹沢の大山)
頂上でラムネを飲み、散歩をし、途中の川で水遊びをしました。

帰りの山道。

わたしの横でわんこがハフハフハフハフ生ぬるい息を吐いております。


chichi、はっ!と思いました。


「酔っちゃった」


そうです。わたし、車酔いするんです。
しかも、すごいグネグネ道。わんこのハフハフ(普段は気にならないけど、こういうときは辛い)。
かなりやばかったです。

そんなわたしに追い討ちをかけるかのように、
夕飯はブラジルレストランで肉。



肉。




さっぱりの肉じゃなくて



こってりの肉です。




山道が終わるとずいぶんよくなっていましたが、全快したわけじゃーありません。




でも、日本人なので遠慮しちゃってがんばって食べました。
そして胃もたれして帰りのクルマがまた辛かった。



わんこがハフハフするときは、手で顔をむこうにむけたりしてその場をしのぎました(もっとはやくからすればよかった)。




久しぶりにクルマを運転したのが楽しかったのか、バットは最後まで上機嫌でした。

山道の途中でハトの夫婦を見つけたときなんかは、
「ハトの夫婦がいる!」といいながら、十八番の歌を歌いだしました。






♪ぽっぽっぽっ♪
(本当に十八番です)









♪汽車ぽっぽっ♪ 

♪ま~めがほしいかそらやるぞ~♪





本来ならば「汽車かよ!」と突っ込むところですが、
そのときばかりは、具合が悪いのでお約束のツッコミができませんでした。
それが悔やまれます。



ハフハフハフ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chichiuribou.blog62.fc2.com/tb.php/38-b16330e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。